九州大学病院 顔面口腔外科



得意分野








専門診療班を設け、特に系統的に診療を行っている疾患は口腔悪性腫瘍唇顎口蓋裂顎変形症です。
口腔悪性腫瘍に関しては75%以上の5年生存率を維持しています。唇顎口蓋裂に関しては生後すぐから成人になるまでの一貫治療(審美、口腔機能の獲得)を目指しています。顎変形症では骨格の形成のみならず、軟組織の形態変化にも留意した治療を行っています。

診療体制








日本口腔外科学会認定の口腔外科指導医・専門医4名、口腔外科専門医5名を中心に専門的な診療にあたっています。
口腔外科疾患に関する急患に対しては休日、夜間を含めた24時間体制で受け付けを行っています。また、地域医療連携センターを通じて、幅広く紹介患者さんを受け入れています。


診療方針








顔面口腔外科では院外からの紹介を数多く受け入れています。
そのため、紹介医との情報交換を怠らないように努め、さらに患者さんやそのご家族に対して解りやすい説明を基本とし、十分に納得していただいてから手術や治療を行っています。
また、疾患によっては院内の他科(医科・歯科)と密な連携をとり、患者さんにとって最適な治療を行うよう心掛けています。

地図


外来病棟のご案内

疾病別案内

関連リンク

  • 九州大学
  • 九大歯学部
  • 九大病院

交通機関リンク

お問い合わせ

●受付時間
初診/8:30‐11:00
再診/8:30‐3:00
再診/自動受付機 8:15‐17:00
●休診日
土・日・祝日、年末年始


●所在地
九州大学病院 顔面口腔外科
〒812-8582
福岡市東区馬出3-1-1
TEL:092-642-6450
FAX:092-642-6392

このページのトップへ